読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわおのちょっとした話

ちょっとした事を、毎日ちょこっと話します( *´艸`)

ちょこ話:「逃げ恥」津崎平匡さんから学ぶ、一流の立ち居振る舞いだってばよ(/・ω・)/

こんにちは、いわおです。
昨日は、先輩の結婚式二次会に出席させて頂いておりました!大変楽しい会で、4次会までやってしまいました(^_^;)笑
ちなみに…

f:id:movecell:20161224093624j:plain
クジで和牛GET!!
来年早々美味しい思いが出来そうです(*´ω`*)



それでは、今日のちょこ話。
今季ドラマで大ブレークした「逃げ恥」の平匡さん、SEとしてだけでなく人として一流の振る舞いをしていたことが分かりました(*´∀`)

f:id:movecell:20161224112759j:plain
ドラマを観た方はご存知かと思いますが、平匡さんと言えば超合理主義な人間です。
そのあまりにガッチガチな合理的思考ゆえに、恋人関係のようになっても「システムの再構築が必要です( ・ิω・ิ)チャキ」とかプロポーズの際に「籍を入れた場合と入れない場合貯金の試算はこんなに違います( ・ิω・ิ)チャキ」的なことを言って、みくりさんを困らせます(´・ω・`)笑

そんな平匡さんなので、仕事はできても対人関係(特に恋愛)に関していえばコミュニケーション能力が高いとは言えず、人と仲良くなる事に向いていないなーと思っておりました(^_^;)
ところが、です。早くも2周目の逃げ恥を観だしたいわおは、平匡さんは人と対話する上で非常に大切な事をごく自然に行っていることに気づきました!


それは、
会話の際に身体ごと相手に向き直って話をする
という事です(・∀・)

何だそんな事か、と思ったあなた!これって意外と難しいことなんですよ(;・∀・)


例えば、自分が椅子に座ってパソコンだったり携帯だったりで何かしら作業してるとします。
そこに、「ちょっと良いですか?」と声を掛けられたところを想像して下さい!

いわおもやりがちですが、「顔だけそっちを向いて話す」もしくは相手によっては「顔すら向けずに話す」なんて対応になりませんか?
だって自分は作業中なんだし、わざわざ相手に向き直るなんて面倒くさいです(´・ω・`)
その話が自分に価値あるものだと分かった時、初めて正面向いて話すなんて事も多いと思います。

ですが平匡さんは、自分が何をしていても基本的に手を止め、身体を相手に向き直り話を聞きます。
それもふとした瞬間、みくりさんとの自宅での何気ないやりとりの中でも見受けられるんですよ!
「何でしょうか?( ・ิω・ิ)チャキ」てな感じの決めポーズがなんだかイケてます(*´ω`*)笑


前に「一流の営業マンの3つの違い」みたいな記事に、相手と正面向いて話すことで、この人は話を聞いてくれる人だという信頼関係が生まれる。といった内容が書いてあるのを見ました。
プライベートから素で実行出来てしまう平匡さん、きっと営業マンとしても大成する事でしょう!
説明が的確で分かりやすいってのはみくりさんのお墨付きですしね(*´∀`)笑


@SHARP_JPさんのツイート(https://twitter.com/SHARP_JP/status/808669446722027521?s=09)をチェック
てな具合に大手から引く手あまたでしょうけど、SE以外の可能性にも目を向けて活躍して欲しいと思ういわおでした(・∀・)

まだ5話までしか見返せていないので、残りもちゃんと見直して平匡さんから学ばせて頂きたいと思います( ・ิω・ิ)チャキ
みなさまも、一度そういう視点から逃げ恥を見直してみてはいかがでしょうか(^^)


それでは、次回以降のいわおに期待\(^o^)/